メニュー

お客様の”伝えたい”をあらゆる角度から提案!印刷を通じて多用なニーズにマルチ対応します。

経営理念

 

「人へ伝える。」
お客様の“つたえたい”をあらゆる角度から提案。
印刷を通して多様なニーズにマルチに対応します。

株式会社伸和は、広告・販売促進に関わるあらゆるカテゴリーを網羅し、お客様の広告促進をトータルにサポートする総合印刷会社です。 印刷物、SPツール、ノベルティなどの企業販促ツールの製作はもちろんのこと、レスポンス率の高いWEB製作、広告媒体の手配、イベントの企画から実施、店舗のマーケティングや運営管理など、あらゆる視点からの販売促進活動をご提供致します。

21世紀のITデジタル化の波は広告メディアとしての印刷業界にも訪れ、急激な変化の時代を迎えています。
その中で選ばれ続ける会社であるために必要なのは、人から人へ”きちんと届く広告販促”をご提供すること。社会情勢や顧客状況を的確に捉えたマーケティングをベースに、独創的なアイディア、確かな技術力、豊富な経験といった独自の強みを活かし、あらゆるニーズにマルチに対応しながらお客様を成功へと導きます。
これまでの販促の見直しや新しい情報の発信など、”次の一手”をお考えのとき、私たちを思い出してください。
印刷を通して「いま何が必要か」「何が喜ばれるか」を常に考え、お客様の”伝えたい”をトータルにサポートする株式会社伸和です。

▶ 伸和の印刷メディアはオール一貫システム

伸和の印刷物は、企画・製作から印刷、加工、製本まで全てを本社工場の自社設備で行うオール一貫システムです。
仕上がりの早さ、低コスト等の実現はもちろん、セキュリティを含めた総合品質を評価いただいています。

   

代表挨拶

 

当社は博多区吉塚で創業以来、「お客様に喜ばれること。一生懸命働くこと。」をモットーに、社員全員が一丸となって努力して参りました。
常に正確で高品質の商品を、最小限のコストで製造、最短納期でお客様にお届けし、「伸和に頼んで良かった。」と言われるように、日々努力を重ねております。
そういったことの積み重ねによって、お客様にとっての一番になり、社会に貢献することを「お客様第一主義」として掲げております。  
また、伸和には特徴を持ったいくつかのグループ会社があります。
「印刷」としての「受注製造業」はもちろん、これからは、グループ間の連携を強め、お客様の課題を解決するためにソリューション事業を加えた「情報加工業」へ、力を注いでまいります。
お客様に選ばれ続けるために、伸和グループは今後も進化し続けていきます。


 

会社概要

会社名
株式会社 伸和
設 立
昭和46年9月
資本金
払込済1,600万円 授権資本6,400万円
所在地
本社・東工場/福岡市東区社領2丁目7-4
西工場/福岡市西区周船寺3丁目28-1
仕上物流センター/福岡市東区社領3丁目4-27
社員数
90名(平成27年12月現在)
代表者
代表取締役社長 木村 奨
 

進化と調和を象徴するグループロゴ。
個性あるひとつひとつのピースの連合体は
常に繋がり、広がり続けています。


パズルのピースをイメージしたデザインです。
4色の色(CMYK)は印刷会社の連合体であることを意味し、パズルのピースにすることにより、繋がり をイメージしています。
また角の無いピースにする事でどこまででも繋り広がっていく(※1)という思いを込めています。
またひとつひとつのピースの形は前へ進むという思いから矢印をイメージ(※2)しています。
各社が繋がってグループを動かしていくことにより何乗もの大きな力とする(※3)といった想いを込めています。
ロゴタイプに関してはピースの形との調和を考えゴシック体の小文字を選択し固有名詞であるSHINWAを大文字にしています。

▶ グループ会社一覧

■有限会社プランニング翔
〒812-0068 福岡市東区社領2-7-4
tel.092-623-8858/fax.092-621-8975
URL.http://planning-show.jp
■松古堂印刷株式会社
〒819-0373 福岡市西区周船寺3-28-1
tel.092-806-1661/fax.092-806-3554
URL.http://www.shoukodou.co.jp
■正光印刷株式会社
〒819-0373 福岡市西区周船寺3-28-1
tel.092-806-5708/fax.092-806-3977
URL.http://www.seikoprinting.co.jp
■タイム社印刷株式会社
〒812-0068 福岡市東区社領2-7-4
tel.092-621-6800/fax.092-621-8975
URL.http://www.timesha.jp/

東工場設備概要

オフリン、H-UV印刷機等最新の大型機械や検査装置を配置し、24時間体制での生産を実施しています。

■印刷機械
小森オフリン8色機(B2)/1台
小森H-UV菊全両面8色機(検査操置装備)/1台
小森H-UV菊全4色機/1台
小森両面8色機/1台
フジゼロックス Color 1000 Press/1台
フジゼロックス Color 800 Press/1台
■断裁機
伊藤断裁機MNC-3/2台
ハリス断裁機/1台
小型断裁機/1台
■製本機
全自動高速中綴ライン/1台
菊全判対応折機/2台
菊半裁対応折機/1台
四六半裁オート折機/1台
■製版設備
Macintosh/15台
CTPシステム/1ライン
インクジェット/1台
■その他加工設備
ラミネート/1台
ニスコーター/1台
■配送部門
4トン車/2台
ボンゴディーゼル/1台
軽トラック/1台
■その他車両
フォークリフト/6台
営業車/20台

西工場設備概要

単色機、帳票、封筒等の小型印刷機で小回りの利く生産体制をとっています。

■印刷機械
ハイデルベルグ菊半4色機/1台
リョービB2 4色機/1台
リョービA3 2色機(封筒)/1台
リョービミシンNo.専用機/1台
ハシモトB3単色機(正光)/1台
ハシモト菊四切単色機(松古堂)/1台
ARX-EZ/1台
オンデマンド機(FujiXerox Versant2100)/1台
■折機
ホリゾン菊半折機/1台
■製本機
ホリゾンBQ-470(無線綴じ加工機)/1台
ホリゾンSPF-200A(中綴じ・平綴じ・丁合機)/10台
■加工機
MX-240(クロス・マーブル巻加工機)/1台
UCHIDA XA-2(穴あけ加工機)/1台
ハイデルベルグ トムソン/1台
 

仕上物流センター

折・製本加工、圧着加工等さまざまな印刷の後加工を一箇所に集約するとともに、出荷・在庫管理を効率的に 行っています。

離れて存在した、仕上工場と商品保管倉庫を、この秋、仕上(後加工)工場の拡充と、物流拠点と商品倉庫との統合目的で、「仕上物流センター」として、リニューアルしました。
拡充したスペースは、旧仕上工場の面積比で約4 倍となり、生産ラインの増強が可能です。
さらに作業スペースの拡大による、内職・仕分け・梱包作業が同スペース内で完結することも可能になりました。
また、商品在庫の保管スペースも格段に増え、お客様預かり在庫数量増や、システム把握による追加オーダーも容易になりました。
出荷・配送部署の合流による「モノ」の動きの「見える化」で、効率よく円滑で正確な作業と、お客様の希望される納期以上に「最短の納期」を実現することが可能になりました。
認証資格「プライバシーマーク」運用ルールに則って、施錠や入退室管理・制限を設け、機密情報や個人情報の漏洩対策も万全に行っています。

会社沿革

昭和46年9月
福岡市博多区吉塚にて設立
昭和59年8月
福岡市東区社領に工場新設
昭和60年2月
本社を社領に移転、工場と合同する
昭和62年
リスロン菊全4色機導入
平成元年
隣接地購入、工場拡充
平成2年5月
創業20周年を迎え新社屋設立
平成5年5月
新型小森オフリンを設置
平成7年5月
本社新社屋完成
平成8年11月
本社製版部フルデジタル化
平成10年4月
(平成9年11月、DDL部に名称変更)
平成11年6月
小森B2輪転機導入
平成12年4月
大豆インキ使用に伴う許可証認可
平成12年9月
 
本社制作部新設
CTPシステム導入
平成13年7月
小森ハイパー搭載リスロン4色機導入
平成14年9月
デジタルカラー印刷機導入
平成15年2月


創業30周年
CTPシステム増設
FMスクリーニング技術導入
平成15年5月
小森ハイパー搭載リスロン両面8色機導入
平成16年4月

「ISO9001-2000」認証取得
デジタルカラー印刷機増設
平成17年11月
企画・制作会社(有)プランニング翔設立
平成18年7月
デジネスファクトリー事業部発足
平成19年4月

デジタルカラー印刷機増設
全自動高速中綴じライン導入
平成19年9月
菊全判対応折機導入
平成21年4月
小ロット出版サイト「本創書房」オープン
平成21年6月


四六半裁オート折機導入
圧着(ニスコーター)機導入
「プライバシーマーク」認証取得
平成23年6月

入稿管理システム「インサイト」導入
インクジェット機増設
平成23年9月
創業40周年
平成23年10月
隣接地に第二工場を設立
平成23年10月
本社工場に小森製H-UV菊全4色機導入
平成24年9月
富士フィルム製ワークフローrip及び高速CTPライン導入
平成24年12月
隣接地に物流倉庫を増築
平成25年12月
富士ゼロックス製デジタル印刷機Color 1000 Press導入
平成26年3月

富士ゼロックス製デジタル印刷機Color 800 Press導入
入稿管理システム「XMF・リモート」稼働
平成26年5月
小森製反転機構搭載H-UV菊全両面8色機導入
平成28年9月
H-UV反転8色機検査装置導入
平成28年10月
仕上物流センター始動
昭和46年9月
福岡市博多区吉塚にて設立
昭和59年8月
福岡市東区社領に工場新設
昭和60年2月
本社を社領に移転、工場と合同する
昭和62年
リスロン菊全4色機導入
平成元年
隣接地購入、工場拡充
平成2年5月
創業20周年を迎え新社屋設立
平成5年5月
新型小森オフリンを設置
平成7年5月
本社新社屋完成
平成8年11月
本社製版部フルデジタル化
平成10年4月
(平成9年11月、DDL部に名称変更)
平成11年6月
小森B2輪転機導入
平成12年4月
大豆インキ使用に伴う許可証認可
平成12年9月
本社制作部新設
CTPシステム導入
平成13年7月
小森ハイパー搭載リスロン4色機導入
平成14年9月
デジタルカラー印刷機導入
平成15年2月
創業30周年
CTPシステム増設
FMスクリーニング技術導入
平成15年5月
小森ハイパー搭載リスロン両面8色機導入
平成16年4月
「ISO9001-2000」認証取得
デジタルカラー印刷機増設
平成17年11月
企画・制作会社(有)プランニング翔設立
平成18年7月
デジネスファクトリー事業部発足
平成19年4月
デジタルカラー印刷機増設
全自動高速中綴じライン導入
平成19年9月
菊全判対応折機導入
平成21年4月
小ロット出版サイト「本創書房」オープン
平成21年6月
四六半裁オート折機導入
圧着(ニスコーター)機導入
「プライバシーマーク」認証取得
平成23年6月
入稿管理システム「インサイト」導入
インクジェット機増設
平成23年9月
創業40周年
平成23年10月
隣接地に第二工場を設立
平成23年10月
本社工場に小森製H-UV菊全4色機導入
平成24年9月
富士フィルム製ワークフローrip及び高速CTPライン導入
平成24年12月
隣接地に物流倉庫を増築
平成25年12月
富士ゼロックス製デジタル印刷機Color 1000 Press導入
平成26年3月
富士ゼロックス製デジタル印刷機Color 800 Press導入
入稿管理システム「XMF・リモート」稼働
平成26年5月
小森製反転機構搭載H-UV菊全両面8色機導入
平成27年10月
仕上物流センター始動
 
 

PAGE TOP
Copyright(c) 2016 shinwa Co.,Ltd.