郵送料金をコストダウン!福岡から全国へ、圧着ハガキなら伸和にお任せください!
100枚から製作OK!
圧着DMの専門会社!株式会社伸和へまずはお問合せください!
092-621-7131

V型圧着ハガキDM Z型圧着ハガキDM

情報量 通常ハガキに比べて
2~3倍
(情報掲載面参考サイズ:約300mm×148mm)
通常郵便料金50円

情報量 通常ハガキに比べて
4~5倍
(情報掲載面参考サイズ:約500mm×148mm)
通常郵便料金50円
情報量 通常ハガキに比べて
6~7倍
(情報掲載面参考サイズ:約700mm×148mm)
通常郵便料金80円

圧着はがきのメリット

通常のハガキと同じ郵送料金
圧着ハガキは通常のハガキと同額の郵便料金。封筒だと通常単価80円以上、圧着ハガキだったら通常単価50円でOK! 1万部の場合だと封筒DM80万円が50万円に!
*ただし、ジャバラ型(w型)は80円です。
*往復V型は往復はがきサイズになりますので50円切手ではお送りになれません。
情報量は通常のハガキの2倍以上
圧着ハガキは通常のハガキに比べ、V型で2~3倍以上の情報量を入れ込むことができます。(Z型は4~5倍、ジャバラ型は6~7倍)

*はがしやすいように加工した場合、上記サイズより横サイズが
 6mmほど小さくなる場合がございます。
ゲーム感覚で開封率&反応率UP!
三角くじやスクラッチのようにゲーム感覚で興味を引かせます。 開封率が非常に高く、乗じて反応率も高くなります。
DMだけじゃない?めくる楽しさを利用した販促アイテムのご提案
データは隠して郵送するので機密性、安全性がUP!
明細書や請求書など、外部からの情報保持が必要とされるハガキに有効的です。
当社はお客様の情報を守る、プライバシーマークを取得しております。
圧着面のニス効果により開封後の印象度がUP!
圧着面をはがした際、印刷面がニス効果により発色がよく見える効果があります。

UV圧着(塗料)だから環境へのやさしさがUP!
UV圧着は通常の圧着に比べ、環境への配慮がなされています。 そのため、多少UVのにおいが残りますが昨今の環境対策を考え、当社ではUV圧着を採用しております。

返信用ハガキを入れることでコスト削減!

返信用ハガキを圧着DMにつけてコスト削減!

圧着面を簡単にはがせる加工

圧着ハガキは簡単にめくれるようになっていますが、それでもぴったりと重なっているとはがしにくくなります。
そこで伸和ではずらし加工、またはコーナーカットではがしやすく加工しています。
ずらし加工(無料)
めくりやすいように折り加工を3mmずらします。
コーナーカット(有料)
ずらし加工よりサイズのロスを小さくするコーナーカット。
サイズのロスは1平方センチ以内におさえます。
別途@1円かかります。

宛名印字サービス

宛名印刷で大変な宛名書きは解決!
印刷商品に直接宛名を印字します。
エクセルデータ、CSV等のデータをご用意ください。
印字の場合は製作日数が1~3日ほどかかります。
宛名印字基本料金・・・5000円
5行印字+カスタマバーコード付・・・1枚3円
詳しくはお問合せください。
バリアブル印刷で宛名以外の情報もいれて、親近感UP!
バリアブル印刷で宛名以外も印刷
デジタルカラー印刷の特性である「可変印刷(バリアブル印刷)」は、1つ1つ異なるデータを印刷することが可能です。
■お客様に合わせて違う内容を掲載
■お客様ごとの担当者名も添えて。
詳しくはお問合せください。

手書きスペースを確保可能!

減感を行うことで手書きスペースを確保できます。
ハガキの記入場所は便利!返信用ハガキを入れた場合は必須です! 詳しくはお問合せください。

DMだけじゃない?めくる楽しさを利用した販促アイテムのご提案

圧着はハガキだけじゃない!いろんなアイデア販促でお客様の心をつかもう!
抽選くじにわくわく圧着
さまざまな抽選くじに圧着はいかが?
極端に小さくなければどんなサイズもOK!
圧着シートのくじを渡すとお客様のわくわく感UP!
大きな圧着シートで売り上げUPを狙え!
でかでか最大A2の二つ折り圧着
大きい圧着シートでもらった人しか見られない袋とじの販促チラシ。最大A2の2枚折までできます。どんなおとくな情報を入れますか?

当社は品質と信頼性に自身があります!!

国際基準企画ISO9001
2003年5月、「品質マネジメントシステムに関する一連の国際規格」であるISO9001(2000年版)を認証取得いたしました。設計デザインから納品まで、国際基準の136項目にわたる厳しいルールを網羅したチェックシステムを構築し、運用しています。「お客様第一主義」をあげる当社が、お客様によりいっそう満足していただくための証として、ISO9001のシステム構築と認証取得いたしましたことをここでご報告いたします。

プライバシーマーク
昨今、さまざまな要因による個人情報の朗詠トラブルが頻発しています。また、個人情報保護法の制定以降、個人情報への認知も高まり、個人情報を取り扱う事業者の取り組みに対して、消費者・企業が過敏になりました。印刷業界はその特性上、個人情報を取り扱うことが多く、DMやEメール等の情報発信に関わる仕事も増加していることから、安心して個人情報の仕事を依頼される体制構築を目的として「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム要求-事項」に基づいたルールを構築。2009年5月、プライバシーマークを認証取得致しました。


フォームからのお問い合わせはコチラから

サイトマップ

ページの上へ